海外旅行中の飛行機で隣に座った人と結婚?

ケアンズからニュージーランドに移動しました。どんですたさゆりニュージーランドなうの幕開けです。やっほー!ニュージーランド!初春涼しいで〜〜〜!

今回は飛行機での出会いについて記したいと思います。みなさんは飛行機やバスに乗った時に隣の人と話しますか?どんな会話をしますか?

メリット

英語の勉強になる

海外旅行中だと特別な場合を除き、英語での会話になります。会話の内容はスモールトーク(世間話)なので英会話教室や自習したことをアウトプットできるチャンスです。どこから来たとか、何日間旅行するとか、どうやって旅行するとか、どこに行くか?など基本的なことから会話が発展します。英語を上達させるにはもってこいです!

人生の勉強になる

隣に来る相手は選べません。だからこそ、いろんな人と話すチャンスです。面白い趣味や仕事の話などをすることがあります。私は自分が話すよりも聞くのが好きなので、相手の人はどんどんいろんなことを話してくれて、その人の生い立ちなど深い話しになることも。全くの赤の他人で(多分一生会わない)からこそオープンに話してくれるのかもしれません。その人の伝記が書けそうなぐらいの情報量ですよ!

今まで出会った人

現在覚えている限りの人とのストーリーを書きます。

日本人ブレイクダンサー

場所:日本初バンクーバー行きの飛行機

隣に座るときに「ソーリー」と言われたので、その発音と仕草から日本人だと分かり、「私も日本人ですよ!」ってことで会話が弾む。英語を勉強中の男性でワーホリでバンクーバーに行くとのこと。全く英語が話せないらしくて「コーラを注文しているんだけど、コーヒーが来るんだよね。」というお悩みからプチ英会話教室が始まる。

コーラはクゥォーークです。

後日彼のパフォーマンスを見に行きました。すごい。頭でくるくる回ってた。おもしろかったです。

アメリカ人の投資家

場所:LAから日本行き

多分入国書類のペンを貸すやりとりから話が始まったと思います。

私が日本人ということで京都旅行のアドバイスを聞かれました。正直京都には詳しくないので、簡単な日本語を教えました。すごく感謝されたのを覚えています。

ちなみに話が始まる前は彼は終始パソコンでデータを見ていました。だからそれを突っ込んで聞いて「なんのデータなんこれ?」って聞いたところ「株とか為替とか」と答えが返ってきました。「ええね!」と言うたら彼の株に対する情熱が爆発

レクチャーが始まりました。実は今回企業に会うために日本に来たらしい。世界中で投資してて、いろんな企業に訪問してIR部(Investor Relations)と話すらしい。

IRとは?インベスター・リレーションズ(Investor Relations) 企業が株主や投資家に対し、財務状況など投資の判断に必要な情報を提供していく活動全般。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IR
投資家

明日XX株と会うんやけど、弟子として来てみる?

さゆり

いいですね、(ほんとうにいいの?)笑

後日、同時通訳の方と一緒に三社との会議に出席しました。アニメ系、食品系の会社にお邪魔しました。アニメ系の会社ではグッズとかもらえてラッキー笑。美味しいご飯もみんなで食べました。楽しかった!

学んだこと:投資家でもエコノミーに乗る。

米マイアミ在住のキューバ人

場所:キューバ国内の旅行者用のバス

これは飛行機ではなく、バスの中の話です。2016年にキューバ旅行に行きました。移動は全て旅行者専用のバスでした。バスはトイレも備えており 冷房も完備。

まぁまぁ快適なバスだけど一つだけ問題が起きました。

誰かが大きい方をした。めっちゃ臭い。

隣に座っていた人と顔を合わせて「やばいな〜勘弁して〜」という会話が始まりました。あまりの臭さに息をするのも苦しかったのを覚えています。

そこでその隣の人がアルコール入り脱脂綿を取り出し

救世主

これを鼻に当てろ!臭いが紛らわされるぞ!

それを分けてくださいました。なんでアルコール入り脱脂綿を持ち歩いているのか気になったので聞いてみたところ

アメリカのマイアミの医療機関で働いている。

とのこと。で「家族がキューバにいるから里帰りに来た。」という話しも聞きました。「アメリカに住むキューバ人の事情」なども教えてもらいました。

あと途中止まったレストランでお昼ご飯をご馳走になりました。ありがたや。

ベトナムからボートでアメリカに渡った女性

場所:ハワイのコナ空港の搭乗口

飛行機の搭乗時間よりも早く着いたので外で待っていました。そうすると旦那さんらしき人と一緒にその女性(ベトナム人)が近づいてきました。

「どこからきたの?」

「日本です」

多分、アジア人女性一人でこんなリゾート地に旅行しにきているのが珍しくて声をかけてきたんだと思いました。時間もあったので話をしていると彼女の半世紀にもわたる物語が始まりました。

ベトナム戦争後、ボートでアメリカへ渡った難民だったいうこと。そのボート内で女性一人で生きのびた技などを語ってくれました。

彼女は今、素晴らしいパートナーに恵まれてリゾートでリラックスしていい生活を送っているとのことでしたが、過去の話は壮絶でした。

日本人女性IRONMAN制覇者

場所:中国から関空の中の飛行機

隣にスポーティーな日本人女性がいました。とても美人。で、何かの拍子に「日本人です」という話になって会話しました。

彼女はIRONMANのために中国に来ていたのです。

ていうか、IRONMANって何?

An Ironman Triathlon is one of a series of long-distance triathlon races organized by the World Triathlon Corporation (WTC), consisting of a 2.4-mile (3.86 km) swim, a 112-mile (180.25 km) bicycle ride and a marathon 26.22-mile (42.20 km) run, raced in that order. It is widely considered one of the most difficult one-day sporting events in the world.[1][2][3]

抄訳:長いトライアスロンレースで、水泳3.86km, 自転車180.25km,マラソン 42.20kmを立て続けにこなす過酷な競技です。

https://www.ironman.com/#axzz60E0iJ86P

ハーフマラソンでヘトヘトの私は絶対無理!

彼女は日々トレーニングに奮闘しているらしいです。10歳も上なのに私より若く見える!笑顔がきらきら輝いててかっこいい女性でした!

韓国で生まれ、パナマで育ち、アメリカ在住の女性

場所:オーストラリアケアンズからニュージーランドオークランドでの飛行機の中

初めの印象は見た目はアジア人だけど、西海岸アメリカ英語を話す女性。お話好きな方で向こうから「Hi」と声をかけてきてくれたので日常会話が始まりました。ケアンズで撮った写真を見せてくれて、体験を共有してくれました。

結婚40周年で主人と一緒にカルフォルニアから一ヶ月旅行に来たの。

とのこと。素敵!

あまり生い立ちについては詳しく話したくなさそうでしたが、(めっちゃ気になった)ぽろっと出る「パナマで育ったの」という発言や最後に私が旦那さんに「中国人?」って聞かれて「日本人です」って答えた時に。あ〜「彼女は韓国人で、君は日本人かあ〜なんてインターナショナルなんだ」みたいなこと言ってたことから彼女が韓国生まれだということが分かりました。

パナマには行ったことないけど、コスタリカに行ったことがあったのでその時の話しをしたり短い飛行時間でしたが楽しい会話をしました。入国審査の時に捨てるのいやだからということでお菓子をたくさんもらいました。笑

こんなストーリーを聞いた!

飛行機で運命の出会いパート1

昔の同僚の話です。

同僚はスケートボードが好きで、よくPDX(ポートランド)に行っていました。また当時の仕事がバイヤーだったので買い物の消費税が掛からないオレゴン州(ポートランド)によく買い付けに行ってたらしいです。

その時隣に乗っていた女性と結婚しました。

その彼女もポートランド・スケートが好きだったそうです。

ふたりの思い出の航空会社はデルタ航空。

飛行機で運命の出会いパート2

日本人ホームステイエージェントさん話です。

ホームステイエージェントJさんは日本発、ケアンズ行きの飛行機でオーストラリア人の旦那さんと出会ったらしいです。その後、めでたく結婚して四人お子さんがいらっしゃるそうです。

Wow!これをサラッと「よくある話ですよ。」と話してくれたJさんが面白い!

私、めっちゃ飛行機乗ってるけど、まだないよ笑!

まとめ

まだまだありそうですが、今回は印象に残ったものを書いてみました。みなさんは隣の人と話しますか?面白いエピソードがあればぜひ教えてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。ポチッとお願いします❤️
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
オーストラリア留学ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA