オーストラリア留学準備 自炊編!シェアハウス問題解決?

こんにちわっつあっぷ、実はけっこう料理する家庭的なさゆりです。

てへ

今回は留学先・ワーホリ先で

ほぼ毎日自炊したい人向けに書いています。

世界中で和食は人気があります。特に寿司、ラーメンは有名です。海外でも日本人が多い場所であれば日本の食べ物が簡単に手に入るでしょう。オーストラリア、ケアンズも日本人が多いので軽くグーグル検索しただけで5つほどでてきました。

渡航先に日本のスーパーがあるかどうか気になる方は

Japanese grocery store 場所の名前

でグーグル検索してみてくださいね!

もし荷物に余裕がなかったり、金額気にしないよ〜って方は持っていかなくても十分、和食を調理できるので安心してくださいね。

味が違う又は高い調味料

  • 醤油
  • マヨネーズ
  • だし系
  • 塩昆布
  • 食べるラー油
  • みそ
  • 塩胡椒(もともと混ざっているもの)
  • 片栗粉

今回は半年以内の滞在なので、これらのものを持って行こうと思います。

あんまりかさばらなくて美味しい調味料

食べるラー油推し

中華料理にも似ているものがありますが、日本のラー油の方が甘いです。カナダ滞在時に現地の友達にこのラー油を使った料理を振る舞ったところ、大好評でした!中華料理は世界中で食べられていますし、「にんにく・唐辛子・油!」というわかりやすい味がその人気の理由なのかもしれません。

便利なキッチン用品

  • ミニナイフ
  • 缶切り

シェアハウスでは共同生活になります。そうなると当然キッチン用品もシェアすることになります。

いままでシェアハウスで

切れる包丁

に出会ったことがないです。

自前の包丁(ミニナイフ)を持っていくことをお勧めします。

缶切りも同様、切れないです。日本と違って手で引っ張るタイプの缶詰は少ないです。毎回料理する時短のためにもぜひ持っていくことをお勧めします。小さいのでかさばりません。そのシェアハウスを去るときに置いて帰ると感謝されるかもしれません(笑)

飛行機に乗る時は刃物は預け荷物に入れてくださいね。

食生活はひとそれぞれ

異国で暮らすということは、新たな自分に出会うことでもあります。もし初めて海外生活される方は、「自分にとって何が心地いいのか?何が必要か?何が食べたいのか?」など食を通じて自分と向き合ういい機会になるはずです。食べることは生きること。無理せず楽しんでいきましょう。オーストラリア、ケアンズに着いたら外国で作れる簡単なレシピや日系スーパーを紹介しますね。おたのしみに!

最後までお読みいただきありがとうございました。ポチッとお願いします❤️
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
オーストラリア留学ランキング

いろんな言語が学べるサイト!わたしもここで英語、フランス語スペイン語を勉強したり、ときどき日本語を教えています。このリンクから登録すると2回目のレッスンが10ドル割引になります。https://www.italki.com/i/BcABBA?hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA